• 2020.06.26 Friday
  • 束感


    もうじき辞めて3年になるけど、まだちゃんと当時の感覚おぼえてるか気になって
    前職で作ってたアバターの髪を、ドットうつ休憩の合間に再現してみた(左側)
    なんか大体こんな感じだったような気がします
    長らくやってなくても案外おぼえてるもんなんですね。
    ちょうどモバグリ全盛期の頃に生まれたアバターだったからそれに倣って
    とにかくツヤツヤキラキラに!がコンセプトだった気がします。

    1)まず土台になるパーツがあって
    2)その上に明るい色でザックリと髪の流れを描いて
    3)1と2の隙間に乗算で影を入れていき
    4)2の上にスクリーンで細かいツヤを入れていく
    とか大体そんな感じの手順でイラレを使って描いていくんですが
    これくらいのシンプルな髪型ならまだいいものの
    渋谷のギャル男みたいな細かい束がモサモサしてる髪型とか
    お水系のカーリーな盛り髪とかほんと作るの辛くて血反吐吐きそうだった…
    個人的には右側くらいの描き込み量が一番好きです
    なぜなら描くのが楽だから。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM