• 2018.02.08 Thursday
  • 振りましょうおず

    姉のRTで『パンク侍、斬られて候』の実写映画化を知ってから
    今日はもう一日中頭の中がそれで一杯です
    あの小説って、町田康さんの数ある作品の中でも
    一二を争うくらい実写化が難しい話だと思うんですが
    一体どういう映画になっていくんでしょう
    話の尺も2時間そこそこの中に収めるのは難しそうですし
    終盤の黒和藩&猿軍団と腹ふり党の決戦を
    どうやって映像化するのか…猿の惑星的な感じとか?
    あの作品から猿に関する展開を一切排除してしまうと
    それはなんかもう全く別の話の様な気もするし…
    大臼一匹だけなら本物の猿&吹き替えで何とか…うーん…

    ただ、原作の展開をあまりに忠実に映像化しすぎると
    スクリーン直視できないくらいグロくなりそうなので
    そこは少し控えめにしてもらえると嬉しいな…

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM